Introduction of the TombIntroduction of the Tomb墓苑の紹介

長楽寺(ちょうらくじ)

北区、足立区の方必見!王子駅、赤羽駅、西新井駅からバスですぐに行けます!

王子駅よりバスで10分、「鹿浜3丁目バス停」より徒歩1分!平坦立地ですぐにお参りできます。


 


縁起


長楽寺の創建は、江戸時代中期(正徳年間、1711-15)とされ、再度の火災で堂塔伽藍は焼失し、明治時代には薬師堂のみを残すだけとなり、大正2年に改築がされたことが当山誌記に残されている。 本尊の阿弥陀如来像は、恵心僧都の作と伝えられている。また、側仏としても奉安されている閻魔大王坐像は現在の伽藍は、昭和に入り中興開山範隆和尚(第6世)と現住の発願と宗祖弘法大師の霊告により昭和45年、増改築が落慶し、現在に至っている。 また、宗祖弘法大師1150年御遠忌記念事業として、本堂右手に新客殿を新たに昭和55年に増築している。 境内にある銀杏の大木は、毎年実をつけ、自然の偉大さや生命の尊さを現実に映し出している。 本尊薬師如来は、作者は不詳であるが、災害をまぬがれ、衆病悉除の温容をそなえ、通称「鹿浜薬師」として庶民の信仰を集めていたことも誌記に残されている。

長楽寺(ちょうらくじ)
  • 長楽寺(ちょうらくじ)
  • 長楽寺(ちょうらくじ)
  • 長楽寺(ちょうらくじ)
所在地 東京都足立区鹿浜1-13-16
最寄り駅 「西新井駅」
宗旨 真言宗智山派
対応事項 【永代使用料】 200,000円~
【墓石工事代金】725,000円(税別)~
【年間護持管理費】無し(付届5,000円×4回)
【完成墓石代金】925,000円(税別)~

アクセス ACCESS

所在地
長楽寺(ちょうらくじ)
東京都足立区鹿浜1-13-16

アクセス方法
東武伊勢崎線
「西新井駅」より
大路駅前行き都バス
「鹿浜3丁目バス停」下車、徒歩2分

ギャラリー GALLERY

  • 天井絵

  • 1階大ホール

お問い合わせ CONTACT

資料の請求やご相談はお電話でもメールフォームからでもご対応可能です。
少しでも気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日10:00~18:00

0120-05-1234

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

24時間受け付けております。